特許のライセンス提供

特許のライセンス提供 ビジネス資産としての特許。


特許資源の管理と有効活用について

東京六本木法律特許事務所 弁護士・大塚 一郎、弁理士・堀 明彦


当事務所は、株式会社パテントコミュニケーションズの顧問法律特許事務所として、同社の保有特許の国内および国外の出願・管理・運用の代理およびアドバイザーを担当しています。

株式会社パテントコミュニケーションズでは自社で多くの特許を保有・管理しており、これらの特許に関して特許出願から特許の権利化までを行い、競合他社が自社の特許を利用していないかなどをチェックしています。また、特許出願の段階において、将来的な事業化の可能性を視野に入れた発明についても、有効な事業化を実現させるために、他社へのライセンス提供、あるいは売却を行っています。

特許の価値は市場におけるニーズによって決定されるものであり、たとえ優れたアイデアであったとしても、それだけで利益を生み出すものではありません。アイデアを市場ニーズとマッチングし、商品化するために、企業では多くの労力を要しています。
また、中小企業においてアイデアを特許化し、商品化に結びつけることは容易ではなく、他社の特許に抵触すると事業が継続できなくなるばかりか、過去の実施分に対して損害賠償を請求されることさえあります。しかも、自社の事業が他社の特許を侵害していないかどうか、常にチェックすることは大きな困難を伴います。

そこで、株式会社パテントコミュニケーションズは、このような中小企業の特許戦略についてアドバイスを行い、特許の出願・管理・運営を請け負います。
当事務所は株式会社パテントコミュニケーションズと連携し、このような中小企業の保有特許の国内および国外での出願・管理・運用の代理およびアドバイスをいたします。

多くのパテントホルダーが発明家ネットワークを構成し、有効な特許を一元的に管理。それらの特許を効率的にエンドユーザー(ライセンシー)に提供することで、多くの特許を市場ニーズとマッチングさせる。この新たなビジネススキームにより、特許資産を広く市場に提供していくことが可能となります。

パートナー・弁護士 大塚 一郎

パートナー・弁護士 大塚 一郎

Ichiro Otsuka


【略歴】

1979年3月
京都大学法学部 卒業
1981年3月
最高裁判所司法研修所 修習終了(33期)
1988年1月
コーネル大学 ロースクール 卒業 (米国) (法学修士)
1981年4月
弁護士登録 竹内澄夫法律事務所
1988年1月
ニューヨーク州弁護士登録
1988年9月
キルパトリック・アンド・コーディ法律事務所
(米国・アトランタ)
1990年9月
アレン・アンド・オーヴェリー法律事務所
(英国・ロンドン)
1992年10月
ブレークモア法律事務所
1998年4月~1999年3月
神奈川大学経営学部非常勤講師 (国際法務担当)
2002年10月
東京六本木法律事務所
2008年4月
東京六本木法律特許事務所

【取扱業務】

会社法務、知的財産権、労働法、訴訟、国際取引
パートナー・弁理士 堀 明彦

パートナー・弁理士 堀 明彦

Akihiko Hori


【略歴】

東京都立大学理学部物理学科 卒業
電気通信大学大学院修士課程 修了
1988年 弁理士登録
他の法律特許事務所で15年以上パートナーとして勤めた後、2008年に東京六本木法律特許事務所に入所

【取扱業務】

出願、鑑定、無効審判、審決取消訴訟、知的財産権侵害訴訟