企業情報

 
発明の種を活かし、匠の技をつなぐ

世界における日本の技術大国としての立ち位置は以前も現在も変わらないものであると、私は考えます。日本人が持つ探求心は多くの発明を生み出し、多くの技術で世界を満たしています。グローバリズムが平準化の圧力を伴った拡大を続ける一方で、日本は非常にユニークで特異な進化を続けてきました。この独創的な力こそ、日本の活力の源だと考えます。
しかし、世界のマーケットのニーズ(求められる製品)と日本国内の技術のシーズ(発明の種)との間にギャップがあるのもまた事実です。これにより、大企業といえども独自の技術の開発・製造に投資を集中させるリスクが増大してしまう可能性が発生します。
日本の技術力を支える中小企業を見渡してみると、“発明の種”としての技術開発を行うことができる企業・研究機関と、最終的な“モノ”(製品)を作る匠の技を持つ企業という二種類の企業が無数に点在しています。当社は、「ものを創る力」と「ものを造る力」、この二つの力を提供することで、発明の種を活かし、匠の技をつなぎ、日本の新たな力を生み出します。

代表取締役社長 中本 義範
CEO Yoshinori Nakamoto